老人性イボには

老人性イボができる原因は、肌の老化だと言われています。

特に、若い頃にたくさん紫外線を浴びた肌は、シミやシワと同じようにできやすくなります。

また、生活習慣も原因となります。

ストレスや喫煙、睡眠不足や胃腸の負担は、肌のターンオーバーを崩してしまい、肌の修正機能を低下させます。

すると、ダメージを蓄積させてしまうため、老人性イボもできやすくなるのです。

このような老人性イボの対処法のひとつにイボに良い成分の利用があげられ、その中でも特に注目したい成分は、ヨクイニンです。

ヨクイニンは漢方ではハトムギの殻をむいて粉にした物をヨクイニンと呼んでいて、生薬のひとつとして利用されています。

実際にイボやウィルス性の皮膚疾患などでは病院で処方されています。

ヨクイニンには、免疫反応を消して炎症を抑える作用があるため、ニキビやアトピー肌のケアに利用され、新陳代謝を良くする効果もあるため、シミのデトックスや肌にできたポツポツ、老人性イボの治療に良いと言われているのです。

このように、ヨクインには、イボだけでなく肌のトラブルの改善にも効果が期待できます。

ヨクイニンを活用するには

ヨクイニンは、はと麦茶を煮出して飲んでも良いと言われていますし、粒をコメに混ぜて炊いても良いし、エキスを凝縮したサプリや医薬品もあり、好みで選んでも良いと言われています。

また、飲むタイプのものと違い肌に直接塗るタイプのものもあって、はと麦以外でイボに良いとされる杏仁エキスと配合されたりして化粧品として販売されています。

どちらが良いか?問う声が聞こえてきそうですが、イボを早く改善したいと思うなら飲む、塗るの両方を試して見ると良いのではないでしょうか。

老人性イボ改善と美肌の両方が期待できるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする