老人性イボにサリチル酸を塗ると取れる?

老人性イボ

 

老人性を早く取りたい!

 

そんな風に思った時に思い浮かぶのがサルチル酸。

 

自分でどうにかするならサルチル酸で除去したほうが早い様な気がしますよね。

 

でも、イボや魚の目を取ることに有効性があるとされているサリチル酸は、塗るタイプや貼るタイプなどが市販されていますが、使い方には注意が必要になってきます。

 

根が深くまであって硬化しているようなイボに用いるもので、サリチル酸が角質を軟化させてふやふやにし、腐食させることで取り除くことができるようになります。

 

老人性イボは、根が深くまであるタイプのイボではないため、必要以上の範囲の皮膚を軟化させて腐食させてしまう可能性があるため、老人性イボに使わないように但し書きがされている市販薬が多くなっています。

 

根が深くまであるイボなら、サリチル酸を利用後に取り除いた部分の皮膚が元に戻ろうとして細胞の分裂の活性化なども行えますが、老人性イボに使ってしまい問題がない皮膚の部分まで取り除かれてしまうと、治りも遅くなってしまう傾向があります。

 

ボツボツと複数できてしまい、老人性イボが気になるようであれば市販薬のサリチル酸に頼るよりも、皮膚科で対処してもらった方が安全性が高くなります。

 

老人性イボだと思っていたものがウイルス性であった場合、家庭で対処してしまうとウイルスを広げてしまい、イボが他のところに移ってしまう可能性があります。

 

取り除いた後のケアも誤ってしまうと、感染症や炎症を起こすことも考えられますので注意が必要です。

 

老人性イボにイボコロリを使っても大丈夫?
普段全く気にもならなかった首にできた小さなイボ。 ほっといたら・・・あら?増えてない?そんな経験ありませんか?気になってインターネットで調べたら、「老人性いぼ」というものだと判明。 ・・・老人性・・・戸惑...