老人性イボのレーザー治療の料金っていくらかかる?

老人性イボ

顔や首など、人目につきやすいところに老人性イボができてしまった場合、やはり気になって早く除去したいと思う方は多いと思います。

 

市販薬やセルフケアでは時間もかかってしまいますし、できることなら皮膚科でレーザー治療をしたいとお考えの方も少なくないでしょう。

 

しかし、老人性イボの場合は良性の腫瘍のため、ほとんどの病院でのレーザー治療は保険が適用外になってしまいます。

 

そこで、治療を受けようか迷っている方や、どのくらいの料金がかかるのか知りたい方は参考にしていただければと思います。

 

まず、イボの大きさや除去する数、皮膚科によっても若干違いはありますが、一般的に5㎜以下の老人性イボの場合は、一つにつき「4,000円〜10,000円」くらいの料金が発生します。

 

ちなみにこれは、レーザー治療のみの料金になりますので、診察代や薬代などは別途発生する形になります。

 

大きさがあったり、数が多いとその分料金も高くなりますので、レーザー治療は金額的にちょっと…という方や、保険の適用がないところに不安がある方は、医療用ハサミでの除去や、液体窒素(冷凍凝固)での除去であれば保険の適用が可能なため、こちらから治療をはじめてみるのもいいかもしれません。

 

※飛び出ていない平たいイボは、はさみで切る事はできませんので、液体窒素治療か、メス(電気メス)で削り取ったりすることになります。

 

 

また、目立つイボだけレーザー治療を行い、あとは他の治療法やセルフケアをするといった方法もあります。

 

老人性イボは、人それぞれできる場所、大きさ、数が異なりますので、ご自身の状態に合った対処法を見つけてくださいね。