老人性イボの病院は何科に行けばいい?

老人性イボ

 

老人性イボの治療は、皮膚科に通うことで治療を行えます。

 

美容的な要望が多い場合は美容皮膚科や美容整形になります。

 

治療方法は、メスでの切開、はさみで切り取る、液体窒素で焼く、レーザー照射などの治療が主となります。

 

かかる費用としては、メス、はさみ、液体窒素治療は健康保険適応になるので比較的安く治療できますが、レーザーとなると健康保険が使えないケースがおおいので全額実費となり負担も大きくなります。

 

人目に付きやすい部分や、皮膚が弱い部分にできている場合はレーザー治療を希望する方もいます。。

 

治療期間については、イボの状態や数によって違ってきますが、数が多いと長引くと思っておいて間違いないでしょう。

 

そのため、病院に通うのは手間に感じてしまったり、費用がかかることを気にしてしまう事もあります。

 

美容的な心配がある場合は、一般的な皮膚科より美容皮膚科や美容整形が良いです。