老人性イボの治し方

老人性イボ

しっかり美肌対策をしてるはずなのに突如表れる始める老人性イボ。

 

見た目も悪ければ、触った感触もザラザラしてイヤ。

 

老人性イボは早い人20~30代の若い頃から出始め、80代になるとほぼ100%歳の人に現れる老化現象のひとつです。

 

大きな原因の一つに「紫外線」があげられます。

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が形成され、若いうちはターンオーバーによって、そのメラニンが皮膚の表面に押し上げられ、最終的に垢として排出されるのですが、加齢に伴いターンオーバーがしっかり行われなくなると、排除しきれないメラニンが蓄積し、シミとなります。

 

このシミが盛り上がって、老人性イボになるのです。

 

最終的ほぼ100%の人に表れるというこの老人性イボ。

 

対処法としてはできるだけ早い時期から予防対策をすることです。

 

大きな原因のひとつが紫外線であること考えると、日焼け止め、日傘や帽子などを使い、紫外線対策をしっかり行いましょう。

 

また、乾燥はお肌大敵。紫外線へのバリア機能低下させます。

 

ですから、しっかり保湿を行うとともに、メラニンの育成を防ぐ美白化粧品を使用したりすることも助けになります。

 

できてしまった老人性イボの治し方としては、皮膚科で突起したイボを切除してもらうという方法もありますが、何度も通院する手間や費用がかさむという問題があります。

 

そこでオススメ治し方がアプリコットカーネルオイル(杏仁油)やヨクイニン(ハト麦エキス)が入った化粧品を使うという方法でジェルやオイルになっているのをいつももケアに加えるだけ。

 

とっても簡単です。

 

早い人で3日目にポロポロ垢のように取れたという方や、使い続けることで大きなイボが小さくなり、次第に取れるという方もいらっしゃいます。