老人性イボは尿素クリームで改善する?

老人性イボ

 

老人性イボのケアに尿素クリームを使うと取れるといわれているようですね。

 

尿素には肌の角化を抑えて柔らかくする効果が期待できるためでしょうね。

 

やり方は、老人性イボができてしまった部分に優しく塗りこみ小さく切ったラップなどで5分程度パックします。

 

1日に2回はパックを吸う方が効果が期待できますが、朝などパックしている時間が無い場合では、簡単に塗りこむだけでも大丈夫です。

 

ただし、夜など時間が確保できるのであれば5分間パックはするようにしましょう。

 

ただ、気を付けないといけないのが尿素の副作用(欠点)です。

 

たしかに尿素は肌を柔らかくしてくれますが、イボの部分だけに塗るようにしないと、健康な肌に長期にわたって使っていると健康な角質まで剥がれやすくなり、肌が弱くなる可能性があります。

 

特に、顔や首などの皮膚の柔らかい部分に使用する場合はオーンオーバーを早めすぎる可能性があるので気をつけないといけません。

 

ですので、イボ以外の部分の余分な尿素クリームは優しくコットンなどで拭き取るようにしてくださいね。

 

あと、尿素は角質の水分を表面に集めるだけなので実際には保湿されるのではなく角質は乾燥していきます。

 

使用には十分に気を付けてくださいね。