老人性イボは肌色の場合もある?

老人性イボ

 

老人性いぼができた肌色は全てのイボが茶色や黒っぽい物ばかりではありません。

 

褐色であったり、黒色であったり、他の部分の皮膚と同様の肌色であったりすることがありますし、肌色で少し盛り上がっている部分が次第に茶色くシミみたいに変化するイボもあります。

 

また、肌色に関係なく形状については平らになっているものから盛り上っているものもあり、大きさもについては直径が、およそ1ミリメートルぐらいのものからグリーンピースの豆粒ぐらいの大きさにまで大きくなるものであったりと色々ありますが、イボの表面がザラついているものが多いです。

 

イボができていて、老人性のものなのかどうか不安なら一度皮膚科で検査してもらってくださいね。