老人性イボは木酢液で改善する?

老人性イボ

老人性イボが気になっって検索したら木酢液が良いって聞いたんだけど本当に効果がるのかな。

 

なんて思っていませんか?

 

木酢液は、木を燃やして炭にする段階にできる液体のことをいい、色々な菌に対して殺菌作用があると考えられています。

 

そのために自分でイボを治療するときに使用し、イボを解消する人もいるのでイボ老人性イボにも効果を期待する人がいるようですね。

 

ですが、老人イボは皮膚の老化でできたイボなので殺菌しても改善しません。

 

また、肌が弱い人や敏感肌の人は、逆にかぶれる可能性おあり、場所によっては使用しないほうが無難です。

 

どうしても病院での治療を行いたくない場合は、自分でケアするしかありません。

老人性イボのケアには

sunblock-1461397_640

老人性イボのケアには、老人性イボの原因である肌の老化を食い止めることが肝心です。

 

肌の老化の原因は様々です。

 

「紫外線による老化」「乾燥による老化」「栄養不足(過多)による老化」「代謝不足による老化」「摩擦」などが挙げられます。

紫外線による老化には対策には、紫外線を肌に吸収させないようにUV傘や帽子、手袋の着用はもちろん、日焼け止めの使用などがあげられます。

 

乾燥による老化を食い止めるには、肌を乾燥させないよう保湿をしっかりすることです。

 

保湿には肌バリア機能を担うセラミドやプロテオグリガン(バリア機能の改善)が保湿力が高く有効です。

 

栄養過多による老化に帽子には、バランスの良い食事が一番です。

抗酸化作用(老化予防効果)の高い緑黄色野菜や肌の元であるアミノ酸を多く含んだ良質な肉や魚をバラン良く取りましょう。

 

バランスの取れた食事を用意するのが難しい場合は、サプリメントの服用も有効です。

 

抗酸化作用の高いポリフェノールやピクノジュール、ビタミンC、Eなどを摂るとよいでしょう。

 

代謝不足による老化を防ぐには、やっぱり運動です。

無理のない程度に歩くなどをして有酸素運動をすると、末端の毛細血管が広がり血液の循環が良くなり肌代謝も高まります。

 

1日30分は歩いたりジョギングすると良いですね。

 

摩擦によう肌の老化は、下着などを化繊から綿やシルクに変えると良いでしょう。

 

今以上肌を老化せないためには、上記に上げた老化の原因である項目に気を付けて過ごすことが大切になります。