老人イボが妊娠中にできるワケと改善方法

老人性イボ

加齢現象の一つと言われている老人性イボですが、意外なことに妊娠中の女性にできるケースが多いとも言われています。

 

どうして妊娠中の女性に老人性イボができるのかというと、まず一つは肌のお手入れ不足が考えられます。

 

妊娠初期のつわりや、日々大きくなるお腹によって顔やボディのお手入れが億劫になりおろそかになりがちです。

 

すると顔やボディが乾燥してしまい、老人性イボが作られやすくなるのです。

 

また妊娠中はビタミンやミネラルなどの栄養が不足しがちなため、肌バリア機能も低下し、シミやソバカスも作られやすいため、徹底した紫外線対策や栄養を補給することが老人性イボの予防に効果的です。

 

紫外線対策は、日傘、手袋、帽子、カーディガンなどの着用はもちろん、日焼け止めを欠かさず塗りましょう。

 

紫外線に負けない肌を作るには、抗酸化作用の高い緑黄色野菜や海藻、果物を取ることを心掛けると良いですね。

 

また、食品で摂りきれいないなら、妊婦さんでも安心して飲める葉酸サプリにも妊婦さんに必要な葉酸と共に抗酸化作用のある成分も含まれていますので試してみても良いですね。

 

すでにできているイボには

oil-in-water-1438311_640

すでに作られてしまった老人性イボを改善する方法はというと、肌の保湿や生まれ変わりに効果的といわれるオイルを使ったお手入れをするのがおすすめです。

 

妊娠中でも安心して使えるオイルは多く、特にアプリコットカーネルオイルなどは口コミサイトなどでも非常に評判がよいオイルで、さらさらとした手触りと無臭なのでつわりや体調が悪い妊娠中の女性でも安心して使用できると評判です。

 

アプリコットカーネルオイルは、パルチミン酸を多く含み肌の柔軟に役立ちます。

 

入浴後の肌に適量をとってマッサージをしながら気になる部分に刷り込んでマッサージすれば、徐々にイボの様子に変化が生じてくるのが実感できるため、コンプレックスの解消に役立てることができるでしょう。

 

また、出産後は産後の体の疲れや体質の変化でイボが増える事もあるようですので、妊娠中~産後までしっかりケアをしましょう。