老人性イボはイソジンで取れる?

老人性イボ

 

イソジンで老人性のイボが取れる言う噂がありますね。

 

でも本当に取れるんでしょうか?

 

イソジンで取れるのでしたら、病院になんか行かなくてもいいですものね。

 

でも、取れると噂があるのは同じイボでも老人性のイボではなくウイルス性のイボです。

 

イソジンといえば、うがい薬としてどこの家庭にもあるであろうお薬ですが、イソジンには主成分であるヨウ素にウイルスを分解する作用があり、ウイル性のイボに塗ることで消毒されイボが治ると言われているんですね。

 

ただ、うがいに使っているイソジンはアルコールなどのが多く入っているので、うがい用ではなく、同じ成分のもので肌に塗る軟膏タイプのものを使います。

 

ウイルスだけでなく菌が繁殖して起こるニキビやアトピー、脂漏性皮膚炎などの肌トラブルなどにも効果的です。

 

ただ、非常に強い殺菌力があるので悪い菌だけでなく良い菌も殺してしまうため全体への常用は新たな肌トラブルを招きますので注意が必要です。

 

このようにイソジンは、あくまでもウイルス性のイボが取れるかも?という話です。

老人性イボを自分で取るには

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

老人性イボは紫外線や摩擦、乾燥が原因で起こる肌の老化が原因です。

 

ウイルスが原因ではないのでイソジンで消毒しても良くなりません。

 

老人性イボは老化で傷んだ皮膚が正常に剥がれ落ちず肌に残ることで盛り上がって変色してできる良性の腫瘍です。

 

放っておいても問題はありませんが、老人性とはいえ遺伝によって20代・30代でも発症する場合もありますし、言える部分にできることが多いため、色々な対処方法を知っておきたいものですが、間違ったことをやり続けても効果がありません。

 

どうしてもご自身で取りたいと思われるなら「自分で取れる取り方」を参考にしてみてください。

 

ハサミや爪切りで切ったりするのが確実かも思われます。(ただし痛みや出血、化膿、傷跡のリスクはあります。)

 

ただ、先ほども言いましたように老人性イボは肌の老化が原因です。

 

何もしないで放っておいても自然になくなったりすることはありません。

 

逆に増えたり大きくなったりします。

 

また、1度取ったにしてもまたできる可能性も高いので、色々な情報を鵜呑みにせず、肌の老化を防ぐケアを地道にしていく事も大切です。

ケアには

 

老人性イボを自分で改善するには肌を老化させなよう紫外線や乾燥を予防し、古い角質が積み重ないらないようターンオーバーを促すケアをしていきます。

 

紫外線を予防するには日焼け止めの使用や紫外線をカットできる帽子や傘などをうまく利用し、身体の酸化を防ぐ日焼け止めサプリメントなども活用すると良いです。

 

肌の乾燥を防ぎターンオーバーをサポートするには、酸化を防ぐための生活習慣や食生活の改善、代謝不足をなくすための適度な運動なども取り入れていきます。

 

代謝を高め、異物を排除する働きのあるヨクイニンのサプリメント(老人性イボ用サプリ)などもあります。

 

老人性イボに効くサプリメント!角質粒、スキンタッグ、アクロコルドン、脂漏性角化症に
老人性イボのスキンケアはしているけど中からもケアしたい。 何か良いサプリメントはあるのかな・・・ 老人いぼに効果のあるサプリメントの代表的なものはヨクイニンという成分です。 ヨクイニンは、は...

 

乾燥を防ぎ、ターンオーバーを正常化する保湿としては、肌の代謝を高めるヨクイン(ハトムギエキス)や、杏仁オイル(アンズエキス)、エイジング成分を配合した老人性イボケア用の角質ケアジェルが人気です。

 

老人性イボケアにおすすめの化粧品♪角質粒、スキンタッグ、アクロコルドン、脂漏性角化症に
「目立つ」「ひっかかる」「見られたくない」··· 首や胸元、目元や顔、手の甲にもできる、いまいましい老人性イボ(角質粒、アクロコルドン、スキンタッグ、脂漏性角化症など)のケアに最適な化粧品が欲しい・・・ ...

 

なかには、ケアに使うだけで角質が整い角質粒やスキンタッグ、アクドコルロンなどの老人性イボが「使っているうちに自然にポロッと取れた」など口コミされている方も多数います。

 

ケアですので即効で取れたりはしませんが、肌の老化を防ぐ事で古い角質が剥がれ新しい皮膚に生まれかわるのでしょうね。

 

半信半疑で試したら、私の首イボもポロッと取れました。

 

でも、安心して放っておくとまたできるんですよね・・・

 

どんな方法で取ったとしても、毎日のスキンケアは欠かせないと思い知らされます。

 

自分で老人性イボを取るのも良いですが、しっかりケアをして多発再発を防いでくださいね。