老人性イボって移るの?

老人性イボは体のどこにでもでき、数が増えたり大きくなたりするので他人に移ると思うと心配ですよね。

でも、移るイボはウイルス性のイボで老人性イボは、紫外線や摩擦、肌の乾燥による肌の老化が主な原因なので他人に移ったりしません。

ウイルス性のイボでも、「扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)」「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」は他人には移りにくく自分の体に広がる場合が多いですが、「尖圭(せんけい)コンジローマ」や「水いぼ」他人にも移りやすいウイルス性のイボです。

このようにイボには種類によっては移るものもありますが、老人性イボはウイルスや細菌が原因の腫瘍ではないので安心してください。

老人性イボは年を取るとできることが多いので、老人性イボと言われていますが若い年齢の人でもできることがあり、他人には移らないかわりに、放置しておくと大きくなったり数が増えていくということはあります。

平らで肌の色と変わらない物や茶色くシミのようになったものから、陸起するものなどがあり、かゆみがある場合もあるのでウイルス性のイボと似ている場合もありま。

自分のイボが本当に老人性のイボかきになる場合は、早めに病院へ行き検査を受ける良いですね。

病院は皮膚科で大丈夫です。

老人性イボの治療とケア

老人性イボの治療は病院で行うか自分でケアをしていくという方法になりますが皮膚の代謝を上げるためにも自宅でのセルフケアがとても大切になってきます。

自分でケアをする場合は、老人性イボができる原因になっている肌の老化を食い止めるために、肌老化原因の80%を占める紫外線の予防と肌の乾燥を防ぐため保湿をするようにしましょう。

紫外線や乾燥が原因でターンオーバーが乱れることによって古い角質がたまり、それがシミやイボになります。

紫外線予防としては、日焼け止めクリームはもちろん、手袋や傘、帽子などがありますが、最近では飲む日焼け止めでさらに紫外線を予防できるようになっています。

一番大切なのは、保湿をしっかりして肌バリアが機能するようにすることで徐々に表面の角質が入れ替わることによってイボ改善の効果が期待できます。

保湿には、一般的な化粧品ではなく老人性イボがとれると評判になっている老人性イボ用の化粧品がおすすめできます。

イボ用のクリームには、身体の余分なものを排除し肌のターンオーバーを促す「ヨクイニン(はと麦エキス)」や肌を柔らかくして水分を保つ「アンズエキス(杏仁オイル)」などを中心に、エイジングケアに役立つ美容成分がたっぷり配合されています。

紫外線を予防し、しっかり保湿することでイボが無くなる人もいますので、あきらめずにケアすることが大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする