老人性イボとシミの違いは?

老人性のイボとシミって見分けも付きにくいものもありますよね。

そんな、老人性イボとシミの違いはなんなんでしょう。

シミは、メラニンが発生し色素沈着した状態で、皮膚自体は綺麗で盛り上がりもない状態で、薄皮の下が茶色くなっているような感じ。

一方、老人性イボはシミみたいな色素沈着だけでなく角質が変化して皮膚の盛り上がりがあります。

老人性イボの皮膚の盛り上がりの大きさや形は色々で、芯のあるような飛び出したイボから平らな状態で盛り上がっているイボまであり、色も本来の肌の色とさほど変わらないものから、シミのように茶色くなったもの、ほくろみたいに黒くなってしまうものまであります。

シミと老人性イボの原因は同じ?

こういった違いがありますが、老人性イボもシミと同じで紫外線と加齢(肌老化)が原因です。

紫外線は遺伝子を傷つけるために、通常、紫外線を肌に浴びると皮膚の中に茶色いメラニン色素が生成して、紫外線が直接肌に刺激を与えないように肌をガードしてできます。

それがシミです。

そのため若い女性でも紫外線を沢山浴びると同じことが起こります。

しかし、若い人の場合は、できたメラニン色素は、やがて、活発な新陳代謝によって茶色いメラニン色素は皮膚の表面に押し出され、やがて角質とともに垢となって、皮膚の表面から剥がれ落ち、再び元の肌に戻るために、いつまでも白くて美しい肌の状態が保てるようになっています。

しかし、年をとって来ると、新陳代謝が遅くなり、メラニン色素が完全に剥がれ落ちることかでなくなって少しずつ、茶色いしみとなって表面に沢山表れてくるのが老人性のシミです。

さらに年月がたつと、原因となるメラニン色素はさらに蓄積され、やがて、ざらついたり、皮膚の表面にもりあがってきて、できたのが老人性イボで、日光角化症や脂漏性角化症などと言われシミとは見た目も違います。

老人性イボとシミの違いは、シミは肌のターンオーバーを促すケアをすれば比較的早く消えるのですが、老人性イボの場合は加齢のためにこれからも角質が蓄積され続け、盛り上がりが大きくなったり数が増えたりするとう違いがあります。

老人性イボを消すには、イボの部分を除去し、再発しないように紫外線予防と角質ケアの継続が必要です。

老人性イボの角質ケアには

シミだけど盛り上がっている・・・なら、それはほぼ間違いなく老人性イボです。

老人性イボは、病院での治療と、セルフケアで解消していきます。

皮膚科での治療では、イボの状態によって

・メスでの切開

・液体窒素で焼く

・レーザー治療

に合わせて投薬などで改善していきます。

メスでの切開や液体窒素治療だと保険が適応されるので、手頃な価格で治療できますが、レーザーとなると健康保険適応にならないケースがほとんですので治療費も高額になりがちです。

また、治療方法によってはイボは取れたけど、その代わりに傷跡が残る・・・といったこともありますので、医師とよく相談して行うのがポイントになりそうです。

セルフケアでは

老人性イボのセルフケアでは、紫外線の予防や保湿をして肌を老化させないようにケアしてきます。

紫外線予防としては、日焼け止めはもちろん帽子や傘、手袋などを利用して紫外線から肌を守る事に徹底します。

最近では、紫外線カット効果の高い「飲む日焼け止め」が販売されているので、今までのケアでは不安と言う場合に使用すると安心感が高まります。

保湿としては、様々な化粧品がある中でもイボに良い成分を配合した「イボ用化粧品」が良いです。

イボ用化粧品には、余分な物を排除する働きがある「ヨクイニン(はと麦エキス)」や角質の積み重なりを防ぐ「アンズエキス(杏仁オイル)」などをはじめとする、エイジングケア成分を配合しています。

今あるイボの解消が期待できるだけでなく、続けて使用することで再発防止になるのでおすすめできます。

評判の良い老人性化粧品はこちら↓

老人性イボ化粧品ランキング2017!
「目立つ」「ひっかかる」「見られたくない」··· 首や胸元、顔や手の甲にできる、いまいましい老人性いぼ(アクロコルドン、スキン...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする