老人性イボとシミの違い見分け方

老人性イボ

 

老人性のイボとシミって見分けも付きにくいものもありますよね。

 

そんな老人性イボとシミの違いはなんなんでしょう。

 

↑シミ

 

シミは、メラニンが発生し色素沈着した状態で、皮膚自体は綺麗で盛り上がりもない状態で、薄皮の下が茶色くなっているような感じ。

 

一方、老人性イボはシミみたいな色素沈着だけでなく角質が変化して皮膚の盛り上がりがあります。

 

 

↑老人性イボ(脂漏性角化症)

 

首イボ

↑老人性イボ(スキンタッグ、角質粒など)

 

 

老人性イボの皮膚の盛り上がりの大きさや形は色々で、芯のあるような飛び出したイボから平らな状態で盛り上がっているイボまであり、色も本来の肌の色とさほど変わらないものから、シミのように茶色くなったもの、ほくろみたいに黒くなってしまうものまであります。

 

シミは色素異常、老人性イボは角質異常だと覚えておくと判りやすいですね。