老人性イボを放っておくとがんになる可能性もある?

老人性イボ

高齢者になると良く見られる老人性イボは、癌になる可能性は有りません。

 

その理由は、紫外線と老化によるメラニンの蓄積だからです。

 

人の体は紫外線を浴びると遺伝子が傷つけられてしまうために、皮膚にメラニン色素を生成して、紫外線をガードします。

 

その後、若いうちは、生成されたメラニン色素が新陳代謝によって、表面まで押し上げられて、角質とともに剥がれ落ちていきますが、年をとって来ると、新陳代謝が遅くなり、メラニン色素を完全には外に押し出すことかできなくなり、それがシミと担ったものが老人性シミです。

 

さらに、その後も紫外線を浴びるごとにメラニン色素が生成され表面に蓄積され盛り上がっていぼ状になったものが、老人性イボです。

 

いわば皮膚のかすのようなものなので癌にはなりません。

 

ただし、安心は禁物です。

 

同じイボでも前癌状態のイボもあります。

 

そのイボの名前は「日光角化症」というイボです。

 

普通の老人性イボと同じ原因で発生し(脂漏性角化症)と見た目が良く似ているために判断が付きにくいと言われていて、老人性イボだと思ったものがそうではなくて皮膚がんの見落としだったということも有ります。

 

日光角化症も同じ老人性のイボですが、癌になりやすいイボだということになります。

 

このように、老人性イボと思っても勝手に判断せずに、癌と見間違わないようにすることが大切です。

 

具体的には、皮膚科で診てもらい病理検査をしてもらうのが確実ですので、まだ、皮膚科で診察を受けていなくて心配があるようなら早めに受診されることをお勧めします。