胸の周りにできてしまった老人性イボを何とかしたい!

老人性イボ

胸も周りに老人性のブツブツしたイボができてしまった!

 

どうすればこのいまいましいイボが取れるのかしら・・・

 

胸の周りにイボができてしまうと胸元の空いた服を着れなくなりますし、彼氏にも見られたくないですよね。

 

そんな胸の周りのイボは、遺伝や体質でできやすい人もいますが、根本的には乾燥や摩擦などが刺激になり古い角質が変形してできます。

 

放っておくと、数が増えたり徐々に色素が沈着しながら大きくなって、今よりもっと目立つようになるので早めにとってしまいたいですよね。

 

手っ取り早く取るには、病院で治療するのが良いですが、恥ずかしくて見せられない場合もありますよね。

 

それに、病院で治療となると液体窒素治療やレーザー治療といった跡やシミが残る可能性のある治療になるので、イボが取れても傷跡が心配になります。

 

自分で取るにしても、ハサミで切ったり、焼いたする乱暴な取り方だと、デリケートな胸周りの肌にはリスクが高すぎます。

セルフケアで取る

そもそも老人性のイボは、肌の老化が原因です。

 

古い角質が剥がれ落ちず、積み重なって変形してできているため、適切なケアをすることでターンオーバーを正常化するとドンドン新しい肌に生まれ変わりイボが取れ綺麗な肌に戻れます。

 

そこで、おすすめしたいのがインナーケアとスキンケアです。

インナーケア

肌代謝を高めるには、体の中から代謝を高める事も大切です。

 

規則正しい生活、バランスの取れた食生活、適度な運動はかなり重要ですし、疲れやストレスも肌代謝を下げる原因になりますので、解消できるよう取り組んでみることも大切です。

 

色々な食材を摂るのが難しい方はサプリメントを服用しても良いですね。

 

ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEは身体の酸化を予防。

 

ビタミンB類は脂質や糖類、肌の代謝を高める効果があります。

 

老人性イボに効くサプリメントにはヨクイニンエキス(ハトムギエキス)を配合していますが、肌の代謝を高めるビタミンやミネラルが豊富です。

 

老人性イボ用サプリメントはこちら>>

スキンケア

スキンケアでは肌老化を防ぐケアは必要になります。

 

摩擦を防ぐ

無意識に、こすったりしていることもありますので気を付けてみてください。

 

また、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維の多い洋服などを着ているなら、肌に優しいコットンやシルクにすると良いです。

 

ストールなどの素材も肌にダメージを与えにくい素材を選んでみると良いですね。

紫外線予防

UVカットのできる傘やストールの使用などはもちろんですが、乾燥を防ぐために保湿力の高い日焼け止めを使用する事も大切です。

 

最近では、肌にダメージの少ないカプセル処方の日焼け止めがあります。

 

また、日焼け止めはSPFが高かくても、2、3時間おきに塗り直ししないといけませんので外出先でも持ち歩いて塗り直しを忘れないようにしましょう。

 

塗りむらや塗り直しを忘れる心配がある人は、飲む日焼け止めサプリを服用しても良いですね。

 

スキンケア

 

肌老化を防ぐために保湿は必須ですが、老人性イボ専用化粧品で保湿するのが一番最適です。

 

老人性イボ専用化粧品には、肌代謝を高めるヨクイニンエキスや肌を柔らかくするアンズエキスをはじめエイジングケアに良い成分が沢山配合されています。

 

評判の良い老人性イボ専用化粧品はこちら>>

 

続けることによって自然にイボが無くなっていきます。

 

放っておいてもイボは無くなったりしませんから、早めにケアを初めててくださいね。