胸の周りにできてしまった老人性イボを何とかしたい!

老人性イボ

 

胸も周りに老人性のブツブツしたイボができてしまった!

 

どうすればこのいまいましいイボが取れるのかしら・・・

 

胸の周りにイボができてしまうと胸元の空いた服を着れなくなりますし、彼氏にも見られたくないですよね。

 

そんな胸の周りのイボは、遺伝や体質でできやすい人もいますが、根本的には乾燥や摩擦などが刺激になり古い角質が変形してできます。

 

放っておくと、数が増えたり徐々に色素が沈着しながら大きくなって、今よりもっと目立つようになるので早めにとってしまいたいですよね。

 

手っ取り早く取るには、病院で治療するのが良いですが、恥ずかしくて見せられない場合もありますよね。

 

それに、病院で治療となると液体窒素治療やレーザー治療といった跡やシミが残る可能性のある治療になるので、イボが取れても傷跡が心配になります。

 

自分で取るにしても、ハサミで切ったり、焼いたする乱暴な取り方だと、デリケートな胸周りの肌にはリスクが高すぎるのでスキンケアでイボを取るのが一番です。

 

胸の周りの老人性イボは、古い角質が剥がれ落ちず積み重なって変形してできているため、スキンケアをすることでターンオーバーを正常化するとドンドン新しい肌に生まれ変わりイボが取れ綺麗な肌に戻れます。

 

スキンケアには、肌代謝を高めるヨクイニンエキスやエイジングケア成分を配合したイボケアジェルが最適。

 

イボが取れるだけでなく肌のきめが整い透明感のある肌になれます。

 

スベスベで白い肌は誰もが憧れますよね。

 

他に気を付けること

摩擦を防ぐ

 

摩擦も老人性イボができやすい原因の一つです。

 

無意識に、こすったりしていることもありますので気を付けてみてください。

 

また、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維の多い洋服などを着ているなら、肌に優しいコットンやシルクにすると良いです。

 

ストールなどの素材も肌にダメージを与えにくい素材を選んでみると良いですね。

 

紫外線予防

 

UVカットのできる傘やストールの使用などはもちろんですが、日焼け止めも活用してください。

 

日焼け止めはSPFが高かくても、2、3時間おきに塗り直ししないといけませんので外出先でも持ち歩いて塗り直しを忘れないようにしてくださいね。

 

放っておいてもイボは無くなったりしません。

 

逆に大きくなったり数が増えたりします。

 

ひどくならないうちに早めにケアを初めててくださいね。