老人性イボの原因とは?

老人性イボって聞くだけで自分が老化している気がして嫌ですよね。

確かに、老人性イボは皮膚の老化でできると言われていますが、皮膚の老化ですので年齢を重ねていない20代からでもできる両性の腫瘍です。

正式には脂漏性角化症や日光角化症といわれるものです。

脂漏性角化症は、20代でも多く見られる老人性のイボで目の周りや首周り、胸元、脇の下などは飛び出しているプツプツとしたイボが多く、手の甲や顔全体にできるイボは平らに盛り上がって肌の色に近い物から茶色まであり様々です。

この老人性イボのできる原因は、皮膚の老化ですが、年齢だけでなく紫外線、乾燥、摩擦など外部の刺激から、角質が変形することで起こります。

また、イボのできやすい体質(遺伝)などもあります。

さらに老人性イボにはもう一つありますが、日光角化症は80歳以上の高齢者ではほとんどの方に見られますが、その原因は紫外線と加齢から来ています。

紫外線を浴びると皮膚の表皮には、茶色いメラニン色素が作られ、紫外線が皮膚の奥まで届かないようにしています。

若いうちはそのメラニン色素は、新陳代謝とともに、表面に押し上げられ、表皮の角質と一緒に垢として剥がれ落ちていきますが、年をとってくるにしたがって、新陳代謝が悪くなり、このサイクルが間に合わなくなってきます。

そうして、紫外線が当たったところにこげ茶色のメラニンがどんどん蓄積していって、やがてそれが茶色いシミになります。

それが、高齢者によく見られる老人性色素斑です。

さらにその状態が進むと、表面がざらついてきて、やがてメラニン色素がもりあがり、最後にはいぼのようになっていきます。

これが、日光角化症ができる原因です。

日光角化症と脂漏性角化症との見た目での違いの目安となるのは、(あくまでも平均ですが)脂漏性角化症の方が色が薄いことが多いというくらいで平らで盛り上がっていると事などは素人では見分けがつきにくいかもしれません。

脂漏性角化症は両性の腫瘍ですが、日光角化症は前癌性でもあることが知られていますので、どちらかわからない場合は、早めに病院で検査してもらいましょう。

老人性イボは、病院でも治療できますし、自分でケアすることによっても改善と予防ができます。

放っておくと、増えたり大きくなって見た目も気になるでしょうから早めに対処したほうが良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする