老人性イボが度々再発するなら

老人性イボ

せっかく取ったのにまたできている・・・

 

もうできないようにしたい!

 

老人性イボを取ってしまっても、また再発してしまう場合がありますね。

 

それは、イボができやすい肌になってしまっているのかも。

 

イボの再発を防ぐにはイボができにくい肌にならないと何度でもできる可能性があります。

再発を防ぐには

老人性イボの原因は紫外線や乾燥、摩擦などで肌がダメージを受けそのダメージが蓄積した結果、肌が老化してできます。

 

老人性イボの原因とは?
老人性イボって聞くだけで自分が老化している気がして嫌ですよね。 確かに、老人性イボは皮膚の老化でできると言われていますが、皮膚の老化ですので年齢を重ねていない20代からでもできる両性の腫瘍です。 正式には脂漏性角...

 

ですので、一度治療してイボを取ってもイボになる原因をなくさないと度々イボができるようになります。

 

老人性イボの再発を防ぐには、イボのできる原因になっている肌の老化を防ぐことです。

肌の老化を防ぐには

 

身体の酸化を防ぐ

身体の酸化を防ぐには、抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンE、ビタミンA(ベータカロテン)ポリフェノールを摂るように心がけると良いです。

 

身体や肌の代謝を高めるには、ビタミンB類やミネラルが必須です。

 

また、すべの元となるアミノ酸(タンパク質)も良質なものを摂りいれたいですね。

 

 

老人性イボようのサプリメントには肌代謝を高め、老化を防ぐ栄養素が沢山入っているので、食事で摂り入れにくい場合はサプリメントで補うのも良いですね。

 

老人性イボ専用サプリメントはこちら>>

代謝を高める

また、新陳代謝を高め若々しい肌を保つなら運動不足ではいけません。

 

汗もかかない様な生活をしていると老廃物が身体から出て行かず蓄積しますのでいくら良い栄養素を摂りいれても循環されません。

 

1日1回30分歩くなどの有酸素運動や筋を伸ばすような軽いストレッチをすると良いですね。

 

また、睡眠不足や疲れ、ストレスが溜まっているなら、今すぐ解消するする必要があります。

 

睡眠不足、疲れ、ストレスをため込んでいると、体に毒素(フリーラジカル・活性酸素)が発生しドンドン殻を老化させていきます。

 

病気にもなりますので、短い時間でもぐっすり眠れるような工夫をすることや(カフェインを控える、寝る前は何も考えない)な疲れ、ストレスを解消する(リラックスできる時間を作る、お風呂にゆっくりつかる)など工夫してみてください。

 

特にお風呂にゆっくりつかると、血行も良くなり汗もかきますので、「血行促進(代謝UP)」「リラックスできる」「汗をかくのでデトックスできる」「疲れるので良く寝られる」と一石三鳥です。

 

湯船に40度前後のお湯を張って10分くらいは使ってみましょう。

 

睡眠の質が良くなると疲れやストレスも変わってきます。

紫外線予防

スキンケアでは、老人性イボの直接の原因となってる紫外線、摩擦、乾燥を防ぐことです。

 

紫外線を直接肌に浴びないように対策をするには、洋服や帽子や日傘など紫外線を避けられるものを効果的に利用していくことが大変重要。

 

また、日焼け止めもSPFの高さよも大切ですが、それよりこまめに塗り治す事が重要。

 

塗って、2時間くらいで効果が薄まりますので、2、3時間おきにかなず塗りなおすようにしましょう。

 

最近は、塗る日焼け止めだけでなく、飲むだけで紫外線を予防できる飲む日焼け止めサプリも販売されています。

 

飲むだけで紫外線を予防できるとあって、塗りむらの心配がある人や、さらに焼きたくない人、塗り直しを忘れがちな人に人気です。

 

室内でもガラス越しの光は90%以上の紫外線を通していますので、室内でもカーテンなどを利用して紫外線をしっかり予防しましょう。

摩擦予防

肌の柔らかい首や胸元、わき腹などの摩擦には下着や衣類の繊維質を変えてみると良いですね。

 

コットン100%やシルクなど肌に優しい素材にすると良いですね。

保湿

肌を老化させないためにはホつはかなり重要です。

 

保湿には、老人性イボ専用化粧品がありますのでそちらで保湿すると効果が高いです。

 

老人性イボ専用化粧品には、イボに良いとされるヨクイニンやアンズエキス(オイル)をはじめ、エイジングケアに役立つ美容成分が沢山配合されています。

 

老人性イボ専用化粧品使うだけでイボができにくい肌になれます。

 

評判の良い老人性イボ専用化粧品はこちら>>

 

セルフケアをしっかりして、イボのできにくい肌になってくださいね。