手の甲にできた老人性イボには

老人性イボ

 

手の甲にできる老人性イボは、平たいイボが多く、パッと見るとシミのように見えますが、よく見ると少し盛り上がっているのが特徴です。

 

色は、肌と変わらない色や褐色のものまで色々ですが、人目に付きやすく隠すのも困難な場所なので気になりますよね。

 

 

こうした手の甲にできた老人性のイボの原因は、やはり紫外線が一番となっています。

 

紫外線を多く浴びると、角質にダメージが残り角質の増殖に異常が起こるそうです。

 

その角質異常にさらに紫外線があたるので皮膚は真皮を守ろうとメラニンを作り出し茶色なっていくようです。

 

通常でしたらメラニンはターンオーバーによって排出されるのですが、変形した角質ではメラニン色素が排出しきれず蓄積していってしまいます。

 

これがシミのように見える、盛り上りのある老人性イボ(脂漏性角化症)なんですね。

 

老人性イボという名前ですが、早ければ20代・30代のうちからなったりもします。

 

良性腫瘍のため放っておいても問題はありませんので、病院へ行っても紫外線予防と保湿を促すだけで終わったりする事が多いですが、確実に取り去るにはレーザー治療を受けます。

 

ただ、手の甲の平らなイボは範囲が広いことが多く傷跡が残りがちです。

 

こうしたことから、時間はかかりますが普段からできるケアでコツコツ改善するのも良いと思います。

 

できるだけ紫外線を防ぐようにして、こまめにケアするのが良いです。

 

紫外線予防では、傘や手袋、日焼け止めに加え、飲む日焼け止めサプリも販売されていますので色々な方法で紫外線を予防してください。

 

イボケアができるイボケアジェルもありますので、肌を整えるのにはとても便利です。

 

最初は小さなものが1個できただけでも、放っておくとどんどん同じところに増えていってしまいます。

 

根気よく継続してケアしていく事をおすすめします。