老人性イボは若くてもできる?

老人性イボ

老人性イボは肌の老化が原因ですので、年齢を重ねた人にできやすいのですが、摩擦や紫外線、日頃のお手入れの影響で若い人にもできます。

 

老人性イボというと、高齢者だけができるイボのように思いますが、正式な病名は、脂漏性角化症といい、具体的には、紫外線に長くあたってメラニン色素が大量に生成され、新陳代謝が間に合わず、メラニン色素が皮膚の表面にシミ状になっただけでなく、蓄積して盛り上がり、いぼ状になってしまった状態を言います。

 

メラニン色素は遺伝子を傷つける紫外線からガードするために皮膚の中で生成されるものですが、その後、新陳代謝とともに表面に押し出されて、やがて剥がれ落ちます。

 

しかし、沢山紫外線を浴びすぎると、若い人でも新陳代謝がまにあわず、表面に蓄積しそれがいぼ状になって残ってしまい角質が変形し両性の腫瘍となっています。

 

ただ、若い間にできるイボは老人性イボだけでなく、ウイルス性のイボの可能性もあるので、一度は皮膚科に行って診察をしてもらったほうが無難です。

 

※ウイルス性のイボは、老人性のイボと違って老化ではなくウイルスが原因ですので、紫外線を予防したり乾燥を防いでも治りません。

老人性イボの改善方法善方法

基本的には、病院で治療する方法と自宅で肌のケアをして改善する2つの方法がありますが、イボの状態(数や大きさ、進行度)によって病院で診察を受けても自宅でのケアをしっかりするように言われる場合もあります。

 

 

自宅での改善&予防策としては紫外線ケアとお肌のケアです。

 

具体的には、夏場などは紫外線に当たらないように気をつけること。

 

外ではUVカットの傘や帽子、ストール手袋を活用したり、日焼け止めの活用も欠かせません。

 

最近では体内から紫外線をカットでき、美肌や美白効果も期待できる飲む日焼け止めサプリもあります。

 

評判の良い飲む日焼け止めサプリはこちら↓

http://essays-me.info/8/

 

また、肌のお手入れとしては、常に肌を乾燥させないようにすることが大切です。

 

ガサガサになるまでお肌が乾燥していると、若くても角質の新陳代謝は活発に行われなくなり古い角質がたまりやすくなり、若い人でもメラニンが蓄積されやすくなり、老人性イボができてしまいます。

 

保湿には、老人性イボ専用の化粧品があるのでそちらででしっかり保湿をし、角質のターンオーバーを正常に戻してあげることが大切です。

 

評判の良い老人性イボ専用化粧品はこちら>>

 

イボの数が少ない、薄いなら皮膚科に行っても紫外線予防とスキンケアで治ると言われることが多いので、今日からでも遅くありません、しっかりと紫外線予防と保湿をすることによって徐々にですが改善されます。

 

また、肌の老化を防いだり、肌の代謝を高めるビタミンの多い野菜や果物も積極的に摂って身体の酸化を防ぐこともイボ対策になります。