老人性イボは放っておくと大きくなる?

老人性イボ

老人性イボは肌の老化が原因でできる良性の腫瘍なので放っておいても良い様な気はしますが、放っておくと大きくなり見た目が悪くなるばかりか、ひっかかったりして嫌な思いをする場合もあります。

 

老人性イボが大きくなるのは、老人性イボができるメカニズムを理解するとわかります。

 

老人性イボの主な原因は、紫外線や摩擦、乾燥と言った外部の刺激からなる肌の酸化(老化)が原因です。

 

老人性イボの原因とは?>>

 

通常、紫外線を浴びると、私たちの皮膚には茶色いメラニン色素が生成されます。

 

それは茶色いメラニン色素を生成して、遺伝子を傷つける紫外線からお肌を守る効果があります。

 

若い女性でも紫外線を浴び続けるとシミができるのはそのためです。

 

しかし、若い人は新陳代謝が活発なために、生成されたメラニン色素はやがて皮膚の表面に押し出されて、やがて角質とともに剥がれ落ちます。

 

ところが、年をとって来ると、新陳代謝が遅くなるために、完全には剥がれ落ちることかできず、それが少しずつ、表面に現れてきたのが高齢者に良く見られるシミです。

 

そして、その後も新陳代謝の働きは変わらないため、紫外線を浴びるたびに、メラニン色素が表面に蓄積されてそれが老人性のイボとなります。

 

そのため、加齢によって新陳代謝が遅くなって蓄積している老人性イボは、その後も、同じ理由で剥がれ落ちることはできないばかりか紫外線を浴びれば浴びるほど、もっと大きくなります。

 

また、老人性イボでも光老化でできる老人性イボはがんに進行する可能性もあるので、老人性イボができたら早めに取り除くようにした方が良いですね。

 

老人性イボの改善方法>>

老人性イボができやすい人のセルフケア>>