老人イボにニガリを塗ると消える!?

老人性イボ

老人性のイボに、ニガリを塗るというのも効果があるとされており、にがりを使って数日でイボが消えたという人もいます。

 

にがりの主成分は塩化マグネシウムなど百以上の 無機塩類(ミネラル)でできているため、こうした成分が良かったのではないかと言われています。

 

にがりには、肌のターンオーバーを促したり、毛穴に詰まった老廃物排泄できるマグネシウムを多く含み、無機塩類(ミネラル)の働きで、角質層のバリア成分を強化したり、シミの原因となっているメラニン活性酸素を除去する働きがあることが判っています。

 

にがりがニキビやシミ、美白にも良いと言われているのはこうした効果があるからだったんですね。

 

にがりを含む海水や粗塩を水に溶かしたものでも同等の効果があることから昔から塩洗顔や、ソルトバスはこの作用を利用するためにできた先人の知恵だったんです。

 

今は色々な化粧品が出回っていて、こうした自然の恵みの恩恵を受ける事自体忘れがちになりますが、試してみても良いですね。

 

使い方は簡単で、にがりを薄めずにイボに直接塗ったり、タオルなどににがりを浸してイボの部分に当てて置くだけでようのだそう。

 

にがりを塗った後は特に洗い流す必要もないそうなので、体全体のケアをするなら、不船に数滴ほど垂らして入浴すると美肌になれそうです。

 

傷などがある場合はしみるので気を付けて下さいね。

 

老人性イボは、肌の老化が原因ですので、肌を若々しく回復させることでターンオーバーが促されイボも徐々に無くなっていく可能性は十分にあります。

 

根気がいるかもしれませんが、安全な方法だと言えますね。

 

評判の良い老人性イボ用化粧品ランキング>>