老人性イボを液体窒素で治療すると跡が残る?

老人性いぼに対する専門的な治療で、最もポピュラーな方法として広く行われているのが液体窒素治療ですね。

いぼができている部位に液体窒素をあて組織を凍結、壊死させていぼを取り除くと言うのが液体窒素治療ですが、液体窒素があてられた部位は、いわば低温やけどが発生したような状態ですからその部分はかさぶたになりますが、ターンオーバーにより新しい皮膚が出てくるので、それによりいぼの除去が期待できると言うメカニズムです。

液体窒素治療は健康保険が適用でき、1回の治療が数百円~と手頃で、麻酔も不要なので手軽に行えるというメリットがあります。

ただしデメリットもあります。

デメリットは、1回の治療では完治が難しいので治療期間が長引くことや、低温火傷を故意的にさせるためイボの周りの健康な皮膚まで焼く事もあったり、深く焼き過ぎて跡が残ることもあると言う点です。

こうした点から、医師によってはイボの状態を見て液体窒素治療より自宅でのケアを推奨することも増えてきています。

特に患者さんが女性の場合は、顔や首、手の甲など人目に付き易い場所にイボより目立つ傷跡が残ったなどということがあれば、ひょっと訴えられでもしたら大変だ問う事や、そもそも長期にわたってもケアで改善できるならわざわざ焼かないということでしょう。

このように、液体窒素治療は(医師の腕にもよりますが・・・)跡が残るリスクがあるため、液体窒素治療は顔の老人性いぼに対しては避けられる傾向にあります。

そのことからも、ある程度のリスクであると言うことは理解できますし、もし受けるとなったらくれぐれも注意して受けることをお勧めします。

また、レーザー治療なら跡が残りにくいと言われていますが、健康保険が適応されないために費用が掛かる面や、擦り傷や蚊にかまれた跡が残りやすい人は、傷跡が残りやすいタイプ(ターンオーバーが遅い、メラニンが発生しやすい)は傷跡が残りやすいと想像できやすいことから、気を付けて治療を受ける必要があります。

※中にはクレーターのように肌にくぼみができる人や色素沈着する人もいます。

人目に付きやすい顔や、首や胸元、手の甲なの場合は事前に無料のメール相談や無料カウンセリングをしっかり受け確認してから行うようにしましょう。

老人性いぼは皮膚の老化で、それによるメラニン色素の蓄積などが原因でできるもので、良性ですから放置しておいても全身の健康に支障が出てくることはありませんが、見た目的には気になるので何とかしたいと言う人は多いかと思われます。

時間はかかりますが、跡が残りにくい(ほぼ残らない)スキンケアでイボを改善していく方法もありますので傷跡が心配ならイボ用の化粧品でケアして改善を試みることも可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする