老人性イボの痛くない取り方!

老人性イボ

 

気になる老人性イボを取りたい・・・

 

でも痛いのがすごく苦手。

 

出来れば痛くない方法で取りたい!

 

老人性イボの取り方は色々あるけど・・・

 

一般的に角質粒、スキンタッグ、アクドコルロン、脂漏性角化症などの老人性イボを取るには、皮膚科で取る方法と自分で取る方法があります。

 

取り方もいろいろありますが、痛みのある方法が多いです。

 

皮膚科での治療はハサミで切ったり、液体窒素で焼いたり、レーザー照射で皮膚を削るので多かれすくなかれ痛みがありますし、治療法によっては出血があったり傷痕が残る可能性もあります。

 

自分で取る方法としては、「はさみで切る」「爪切りで切る」「毛抜きで取る」「イボコロリを使う(そもそも使ってはいけません)」「カソーダ、ドライアスで焼く」などの方法がありますが、肌を傷つけて取る方法ですので痛みや出血があります。

 

しかも、ちゃんと取れないやり方もありますし、場合によっては傷になる可能性も高いです。

 

まったく痛みのない取り方

 

全く痛みなく老人性イボを取るには、インナーケアとスキンケアをして取るのがおすすめです。

 

老人性イボはご存知の通り、肌の老化が原因で起こる角質異常です。

 

古い角質が積み重なり変形することによって起こっているので、肌の老化を防ぐためのインナーケアとスキンケアをしっかりする事で老人性イボ予防ができます。

 

ついでに肌自体も綺麗になるので一石二鳥です。

 

老化予防にはありきたりですが、生活習慣や食生活に気を付け、代謝が落ちないよう少しでもいいので運動もしたほうが良いです。

 

代謝が下がる睡眠不足やストレスにも気を付けてください。

 

代謝を高めイボなどの異物を排除する働きのあるヨクイニンを服用するのも良いかと思います。

 

スキンケアでは、肌老化の原因NO1の紫外線から肌をしっかり守り、肌代謝を高めるスキンケアを心掛けると良いです。

 

保湿には、老人性イボケアクリームがありますのでそちらを使うことによって、肌代謝が高まります。

 

使うだけで肌が整い角質粒やなどのポツポツなら簡単に取れました。

 

 

1回では取れず数日~と時間がかかるというデメリットはありますが、全く痛みがなく自然に取れる方法はこれしか知りません。

 

そんなわけない!と思って半信半疑で私も試してみましたが、本当に取れたのでビックリしたほどです。

 

痛みなく取れるだけでなく肌もスベスベになり首元を気にせず服が着られるようになりました。

 

ケアせず放っておくと、ちょくちょくできるのでケアは大切ですね。