老人性イボが大量にできる原因

老人性イボ

 

「老人性イボ」・・・何だか悲しくなる響きですよね。

 

医学的には脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)という皮膚の良性腫瘍ですので、健康上に問題はありません。

 

単に年齢を重ねた人だけができるのではなく、20~30代の若い頃からできる人もいます。

 

形や色は様々で、ポツポツと飛び出していて肌色~褐色、濃い茶色のものもあれば、シミのように茶色くなり盛り上がっているものまであります。

 

原因としては、「老人性イボの原因とは?」でも書かせてもらっていますが、「遺伝性(イボができやすい体質)」「紫外線」や「乾燥」、「摩擦」により肌が劣化して角質が変質し角化していると言われています。

 

イボが大量にできる方は「イボができやすい肌=老化しやすい肌」です。

 

こうなるとイボを取るだけでは、また次々できるので解決になりません。

 

日頃のケアで肌を老化させ無いように心がけることが大切です。