老人性イボを健康保険適応で治すには

老人性イボ

 

老人性イボを健康保険治療で治すためには、保険適応となる処置を行うかどうかで決まるそうです。

 

凍結療法(液体窒素治療)」や外科的な良性腫瘍摘出手術(メスでの切除)での健康保険適応治療を行ってくれます。

 

首の周りにできる飛び出した老人性イボなどはハサミで切ってくれる場合もあります。(健康保険適応)

 

また外科手術ともなれば自分の入っている健康保険のほかに、民間の生命保険の手術保障に加入していれば日帰りでも手術給付金がおりるケースもあります。

 

生命保険に加入されている保険会社に問い合わせてみると良いですね。

 

問合せする場合は手術名をいうと、該当するかどうかすぐに調べてくれます。

 

ただ、液体窒素治療やハサミで切るくらいのイボなら、治療費も数百円~と安いのですが、メスを使って手術する場合は健康保険がきいてもお金がかかるケースがあります。

 

ガンかどうかの病理検査をするには1万円ほどの費用が掛かります。

 

費用が心配な場合は、病院側でおおよそどのくらいかかるか事前に医師に相談すしておくと安心です。

 

老人性イボの治療はイボの大きさや形、できている場所によって治療法が違ってきます。

 

自分のイボならどんな治療が適していて、「保険が適応されるかどうか」「どのくらいのお金が必要か」「治療期間」などを詳しく聞いておくと安心して治療が受けられます。

 

また、老人性イボは肌の老化が原因で起こるので、今できているイボをとってもまたできる可能性が高いです。

 

イボができにくい肌になるためには、老化を防ぐためのセルフケアも大切です。