老人性イボが顔にできた時の治療方法

老人性イボ

 

体の様々な場所にできる老人性イボは紫外線などの外部の影響を受けやすい顔にできる事が多いです。

 

老人性イボとは言いますが、年齢に関係なく若い人にもでき、健康には害はありませんが見た目がきになりストレスになります。

 

そんな老人性イボを治療するには、病院で治療する方法と自分で治療する方法があります。

 

病院での治療

病院で行う場合には炭酸のガスレーザーを使って取り除く方法や大きさによってはメスで切除する方法があります。

 

老人性いぼができてしまった部分を麻酔をして、ガスレーザーやメスで切除するので術中はほとんど痛みは感じませんが、麻酔が切れた後は多少の痛みがあり、1ヶ月ほどのダウンタイムは必要です。

 

イボの形や大きさにもよりますが、レーザー治療の傷跡は残る可能性もあります。

 

ガスレーザー以外では、液体窒素治療があり、液体窒素をイボに当てて皮膚の組織を壊滅させて除去しますが、顔は、皮膚が薄く跡が残りやすいので液体窒素治療は行いわない場合が多いです。

 

外科的治療以外には、ハトムギの実からできた成分の漢方薬を処方され服用して体の内部からイボを治療します。

 

費用は健康保険が適応かそうでないかにもよってかなり違ってきますので事前に相談してから治療方法を決めれます。

自分で治療する

8a356e420087560f5cc061274520063d_s

 

老人性イボを自分で取る方法は色々ありますが、そのほとんどが危険を伴う方法です。

 

カソーダやドライアスで焼く方法やハサミや爪切り、毛抜きで切るちぎる方法、イボコロリを使う方法など色々なやり方がありますが、どの方法も危険でですのでお勧めできません。

 

ハサミで切ると意外に沢山血が出て痛いです。

 

しかも切る以外の方法に関しては、どちらかというと都市伝説に近いほどイボが取れにくいといってもいいかもしれません。

スキンケアでイボを取る

 

老人性イボは、摩擦や乾燥、紫外線などの影響で肌が老化し角質層の細胞が変形して盛り上がってできています。

 

そんな老人性イボは病院で治療をしてもセルフケアが欠かせません。

 

おすすめは、サプリメントや化粧品を活用してケアする方法です。

 

顔にできた老人性イボをなくすには、病院での治療はもちろん、肌の老化を防ぐインナーケアやスキンケアはかかせません。

 

しっかりケアをして改善&予防をしてくださいね。