手の甲の盛り上がったシミは脂漏性角化症(老人性疣贅)だった!

クリアポロン使用3ヶ月後 脂漏性角化症

 

ずいぶん前から気になっていた手の甲の盛り上がったシミ・・・

 

隠しきれないところも厄介ですよね。

 

色々な美白化粧品を試してもあまり効果がない様だし、だんだん増えてきているような気がして、病院へ行きました。

 

すると、判ったのが私の手の甲の盛り上がったシミはただのシミじゃなく「脂漏性角化症(老人性疣贅・ろうじんせいゆうぜい)」という角質異常だと言うことが判りました!

 

観察していると小さな盛り上がりが少しづつ大きくなり、そのあと徐々に茶色く変色していくみたい。

 

このシミは、角質異常からくるシミなので、いくらシミの消しゴム「ハイドロキノン」を塗っても消えないそうです・・・

 

俗に言う老人性イボらしい・・・トホホ。

 

悲しいけど、判ったところで原因や治療法を調べてみたので記録しておきます。

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)とは?

手の甲の盛り上がったシミ

↑この脂漏性角化症は後程レーザー治療を受け痕が残り少し後悔することに・・・

 

脂漏性角化症(手の甲の盛り上がったシミ)に炭酸ガスレーザー治療を受けてみました。
以前、手の甲の盛り上がったシミについて病院で診察を受けた記事を書きましたが、今日はあれから1年半後に炭酸ガスレーザー治療を受けてみたので、状況をシェアします。 あれから、茶色く変色した部分の色は老人性イ...

 

一般的には「年寄りイボ」とも言われて年を取るとでできる皮膚の老化現象のひとつだそうですが、若い人にもできることもあるそうです。

 

できる場所は全身どこにでもできるそうですが、日光の当たる場所には、数多くできると言われています。

 

また、老人性のシミも一緒にできることが多いので間際らしいです。

 

触ると、平たいイボいぼのようなザラザラした感触で盛り上がって徐々に茶色くなります。

 

色や形はそれぞれで、盛り上がっているだけで普通の皮膚の色~淡褐色~黒色、形も平らなものから、隆起するものまでいろいろだそうでかゆみを伴うこともあるそうです。

 

放っておくと、年々少しずつ大きくなったり数が増えます。(私も知らない間に増えました・・・)

 

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)になる原因

 

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)は首元にできるイボなどと同じで遺伝的な要素もあるようです。

 

そう言えば私の家計でも祖母にイボがありましたので思い当たる節はあります。

 

時々首元にポツンとイボができる時がありますので多分そうでしょうね。

 

また、タバコを吸っている人にも手の甲に同じようなシミをよく見かえることがありますのでタバコでのビタミン不足でなったのかもしれません。(タバコは辞めました。)

 

子供のスポーツの応援で10年以上も日に当たりっぱなしだったし・・・

 

ビタミン不足×日の当たりすぎかなとも思います。

 

手の甲って、日焼け止めをしていても手を洗ったりするので塗り直しし忘れることが多いんですよね。

 

そのせいもあるかも。

 

それと、この脂漏性角化症が増え始めたのは、体力低下とストレスで免疫力が低下していた時でもありました。

 

運動ができなかったので代謝がかなり下がっていたと思われます。

 

この時に今まで蓄積されてきたダメージが一気に出たんでしょうね。

 

イボだけでなく、肌の調子や身体の調子も悪くなったのできっとそうだと思います。

 

ダイエットにも良くないし、代謝って大切ですね。

 

手っ取り早いと思って受けたレザー治療で後悔したので、残っているイボに関しては、クリアポロンなどの老人性イボのケアができるジェルなどでスキンケアしています。

 

無くなってい入ませんが徐々に目立たなくなっています。

 

レザー治療も結局、跡やシミが残るのでどのみちケアしていくしかないんですね・・・

 

もし、同じような症状に悩まされているなら、ケアを欠かさないようにしないと増えたり大きくなって行ってしまう可能性が高いです。

 

悩みが大きくならないよう、早めにケアを始めてくださいね。