脂漏性角化症の治し方

脂漏性角化症

 

脂漏性角化症は、一度できると取れいにくい老人性のイボです。

 

また、放っておくと急に大きくなったり増えたりします。

 

紫外線の影響を受けやすいため色も濃くなってきます。

 

そんな脂漏性角化症を治すには、「病院での治療」と「セルフケア」で治すのが良いです。

病院での治療

 

まれに形成外科でも手術を受ける方がいるみたいですが、主に皮膚科か美容外科で治療される方が多いです。

 

主な治療法としては、「液体窒素治療」と「レーザー治療」になります。

液体窒素による凍結療

 

脂漏性角化ができている部分に液体窒素をあてて凍結させてかさぶたを作ることで漏性角化症を自然に取る方法になります。

 

メリット

 

・治療自体が安い、かつ保険適応で安く治療できる

 

デメリット

 

・治療時に痛みがある

 

・一度では取れないことが多く何度も通わないといけない

 

・傷跡が残る

 

・健康な皮膚まで凍結してしまう場合もある

 

・小さなものはできない

 

レーザーによる治療

 

ホクロやいぼの治療で使用されるレーザーで焼き脂漏性角化症を取ります。

 

レーザー治療は液体窒素と違って深さの調節ができ繊細な治療が可能なため顔の治療に最も適しています。

 

メリット

 

・液体窒素治療ほど跡が残らない

 

デメリット

 

・液体窒素治療ほどではないが、術後痛みがある(術中は感覚だけで痛みなし)

 

・経過観察のため何度も通う必要がある(病院による)

 

・レーザー痕やシミが残る

 

・治療費が高額になる(健康保険が適応される場合もあるが治療自体が高額なためどちらにしても治療費は高い)

 

電気メスやメスによる治療

 

あまりにも大きい脂漏性角化症になると、メスや電気メスで切り取る方法などもあるようですが、医師にかなりの敏腕が無いと術後の傷跡が残りやすいので提案され無いことのほうが多いようです。

 

広範囲な場合は、皮膚移植が必要な場合もあるようですね。

セルフケア

 

脂漏性角化症は肌の老化が原因でできます。

 

ですので、肌老化の原因になっている、体の老化や肌老化を食い止めるケアをすると良いです。

生活面

 

脂漏性角化症ができるのは、肌が老化しターンオーバーが遅くなり古い角質が離れず変形するためにできます。

 

皮膚の老化は健康にもかかわるので不規則な生活や睡眠不足、偏った食事などがある場合は見直しをした方が良いですね。

 

特に代謝が落ちるとできやすいように感じますので、冷えや体重増加を感じる場合は代謝を高めるほうが良いので運動もした方が良いそうです。

 

また、タバコは肌にとって大切なビタミンCを失いますので、タバコを吸っているならやめた方が良いです。

 

身体や肌を酸化させないよう抗酸化作用のあるビタミンやサプリを補給したり、肌代謝を高めてくれるサプリメントを飲むのも良いですね。

 

スキンケア

 

脂漏性角化症は、乾燥や紫外線、などの影響を受けやすい手の甲や頬の上やこめかみにできやすいです。

 

肌の老化を防ぐには、紫外線の浴びすぎに注意する事と、肌が常に潤っている事が大切だそう。

 

これ以上脂漏性角化症を増やさ仕様にするには、紫外線予防はしっかりしないといけません。

 

日焼け止めの活用は年中必須、十分な保湿とともに大切です。

 

肌が潤っていると、ターンオーバーが正常化し老化を防げます。

 

ただ、たんに保湿をするより老人性イボが取れるように働きかけてくれる「ヨクイニン」や「エイジングケア成分」を配合した老人性イボケアクリームを使うと良いです。

 

私の場合は、「クリアポロン」という老人性イボケアクリームを手の甲に使っていたら、無くなりはしませんでしたが目立たなくなりました。

 

脂漏性角化症を確実に治すには

 

脂漏背角化症を確実に治す方法としては、病院での治療とセルフケアの両方が必要です。

 

今できている脂漏性角化症については病院で取ってもらうのが確実です。

 

おすすめの方法は、やはりレーザー治療です。

 

治療費は高く付きますが、確実に脂漏性角化症を取り除けます。

 

ただ、金銭面や傷痕が残るなどのリスクはありますので、事前にしっかりカウンセリングを受け行う事をおすすめします。

 

もちろん治療では、取るだけで肌老化を防ぐことができません。

 

肌老化を防がないと再発、多発の可能性は高くなりますので、治療をして取り除いたとしても、その後のケアがとても大切になります。

 

度々脂漏性角化症に悩まされないためにも、生活習慣や食生活、スキンケアの見直しもしっかりしてみてくださいね。