老人性イボのスキンケア

老人性イボ

 

老人性イボは、肌の老化が原因です。

 

できにくい肌になるためには老人性イボの原因となっている「古い角質の積み重なり(ターンオーバーの遅れ)」「摩擦」「乾燥」「紫外線」などを防ぐため毎日のスキンケアがとても大切になります。

 

古い角質をためない(ターンオーバーの遅れ)

 

老人性イボは古い角質が積み重なり変形してできたものが多いため、古い角質をためないようにしたいです。

 

古い角質をためないようにスキンケアするには、1日1回は石けんで良く洗うのは基本ですが、気になる部分は古い角質を除去してくれるピーリングジェル酵素洗顔料などを使って古い角質をためないようにしてターンオバーを促してください。

 

摩擦を防ぐ

lighting-36545_640

 

肌への摩擦を少なくするには、化学繊維を避けコットンやシルクなど肌に優しい生地の下着や衣類を選ぶようにすると良いですね。

 

※夏は汗をかきやすいので、さらっと着用できるドライTシャツなどを活用すると摩擦が少なくなります。

 

乾燥を防ぐ

cactus-155567_640

肌老化を防ぐには、肌の乾燥させないことが大切です。

 

保湿には、老人性イボに良いヨクイニン(ハトムギエキス)や肌老化を予防する美容成分を含んだイボケアジェルを使うのが最適です。

 

ケアに使うだけで、イボが取れたと口コミしている方も多く人気です。

 

紫外線予防

parasol-486963_640

 

紫外線は肌が老化する1番の原因といわれていますね。

 

日焼け止めの使用はもちろん、帽子、傘などをうまく利用して紫外線を浴びないようにするのは他の美容にとっても大切なことです。

 

肌を紫外線から強くする方法として、41度のお湯に3日に1回15分ほどつかると肌を修復してくれるヒートプロテインが活発になることが知られています。

 

3日に1回は41度のお湯に15分間じっくりつかってお風呂に入り、他の日は37度のシャワーで済まして刺激を与えるという方法です。

 

日に当たると肌が赤くなりシミができやすい人は紫外線に弱いので試してみると良いですね。