顔や首にできる角質粒は自分で取れる!?

角質粒

 

年齢を重ねて来ると顔や首にポツポツとしたイボのような物が出来たりします。

 

これは、角質粒と呼ばれる年齢を重ねて来る物で古くなった角質が小さく固まったものです。

 

加齢が一番の原因ですが、紫外線の当たり過ぎも原因の一つになります。

 

この角質粒があると、老けてみられてしまうので除去したいと考えている人も多いはずです。

 

この角質粒 は、見た目だけの問題なので放置しておいても問題はありませんが、顔や首にポツポツとした物があると老けて見えてしまいます。

 

そんな角質粒を自分で取るには、角質粒の原因になっている古い角質がたまるのを防ぐために、肌代謝を高めることが大切です。

 

古い角質をため込まない

 

洗顔や入浴では古い角質が残らないようにすると良いです。

 

ピーリングジェル酵素洗顔料を使って古い角質を落とすと良いです。

 

紫外線を予防する

 

老人性イボは肌の老化ですが、紫外線による肌老化への影響は80%ともいわれています。

 

日傘や手袋などはもちろん、日焼け止めの活用は言うまでもありません。

 

感想を防ぐ

 

肌の感想もターンオーバーが遅れる原因です。

 

保湿は欠かさず行いたいです。

 

保湿には角質粒によいイボケアジェルを使ってスキンケアするとよいです。

 

ハトムギエキスには余分なものを出す働きが、アンズエキスには肌を柔らかくして水分を保つ働きがあります。

 

エイジングに役立つ他の美容成分も沢山入っていますので、イボ以外にも美容効果を実感できると思います。

 

角質粒などの老人性イボに悩んでいる人のケアに人気となっています。

 

角質粒ができる人はできやすい肌質の方が多く何度もできるため、角質粒ができにくい肌を維持するためにも、日ごろからのスキンケアはとても大切。

 

こうしたケアをしていくだけで角質粒が自分でも取れます。

 

試してみてくださいね。