角質粒を皮膚科で取るにはどのくらいの費用がかかる?

角質粒

 

角質粒をとりたい!

 

皮膚科で取る場合はどのくらいの費用を考えておけば良いのかな・・・

 

角質粒は、皮膚が薄く柔らかい首や目元にできやすく、人目に付き易いので早く何とかしたいですよね。

皮膚科で角質粒を取る方法と費用

皮膚科に行って取ると決めたら、どのようにとってもらうかを考える必要があります。

 

皮膚科で角質粒を取る方法は大きく別けると3つあります。

 

メスやハサミで切る方法、液体窒素で凍結させて取る方法、あとは、炭酸ガスレーザーで蒸発させる方法です。

 

メスやハサミで切る方法は、切っては縫うという作業を行う必要があり、傷が残ります。

 

だから、保険内でできる治療で、今一番、一般的なのは、液体窒素で凍結させて取る方法です。

 

治療した日は赤くなる感じだけですが、数日以内にかさぶたになり取れます。

 

治療費は1回1000円くらいです。

 

ただし、角質粒の大きさや数によっては、1回の治療で取りきれないこともあるので、皮膚科に行った回数分、治療費がかかります。

 

炭酸ガスレーザーは、保険外の治療になることが多いです。(病院によって違います。)

 

この3つの治療法の中では、傷が最も残りにくい方法であるため、顔などに角質粒ができた場合、こちらの治療法をとられる方が良いかもしれません。

 

費用は、受診する皮膚科によって異なってきますが、1回一万円くらい見ておいた方よいですね。

 

費用的に心配なるのは当然です。

 

一度皮膚科へ行ってどのくらい費用がかかるか診察を受けてから取る方法を決めるといいですね。

一度取ってもできるかも。

 

角質粒は肌の老化が原因でできます。

 

ですので、肌の状態が同じだと一度取ってもまたできる可能性が高いです。

 

今後できないためには、肌の老化を予防するケアをしっかりしておくことをおすすめします。

 

身体の酸化を防ぎ代謝を高めるインナーケアや肌代謝を高めるスキンケアです。

 

詳しい方法はこちらで説明しています↓

老人性イボの取り方と肌老化を防ぐインナーケアやスキンケアの方法
そこにあるだけで老けて見える、いまいましい老人性イボ。 人目に付く場所にできやすいのですが、盛り上がったり飛び出しているので隠すのが難しい場合が多いですね。 特に手の甲にできた脂漏性角化症や顔(目元やこめ...