首にできた角質粒を除去する方法

角質粒

 

首にポツポツとした角質粒が出来るのは肌の老化によってできます。

 

小さいうちや数が少ないうちは、このくらいはいいかって見て見ぬふりができるかもしれませんが、大きくなったり数が増えたりするにつれてだんだんと気になってしまうようになりますよね。

 

ストールやハイネックで隠すことはできますが、もっとオシャレも楽しみたい。

 

ですね。

 

そんな角質粒の除去方法についてです。

病院で取ってもらう

 

皮膚科などの病院での治療には、一般的な液体窒素治療やハサミやメスなどでの除去があり、こうした方法は保険適応で実費も~数千円と少なくて済みます。

 

液体窒素治療

 

液体窒素治療は1回では取れないことが多いので回数を通うことになります。

 

また、ピンポイントに液体窒素を付けることが確実でないため正常な皮膚にまで付着し色素沈着してしまうため角質粒が取れても跡が残りやすいというリスクがあります。

 

もちろん、痛みもありますので通うことや色素沈着を考えると行わない方も多くなってきています。

 

ハサミで除去

 

ハサミでの除去は、お医者さんがハサミで角質粒をちょんちょんと切っていくだけなので簡単ですが痛みは伴います。

 

傷は小さいので痕も残りにくいと言われていますが、かさぶたができたりしばらくは見た目が悪くなります。(傷痕が残らない保証もありません)

 

レザー治療

 

回数を多く重ねなくても角質粒が取れるのはレーザーです。

 

健康保険が適応されない場合が多いと聞きますが、美容皮膚科ではなく通常の皮膚科だと保険が適応される場合があるようなので相談すると良いと思います。

 

※保険が適応されても他の治療方法よりか高くなります。(1万円前後~)

 

こう見ると、皮膚科へ行って首の角質粒を除去するのが一番合理的で安全性があるかに見えますが多少のリスクもありますね。

 

自分で除去

 

どうしても病院に通いたくない、通う時間や手間がないなどの理由で自分で角質粒を除去する方も増えています。

 

どんな方法で取っているのか調べてみました。

 

ハサミや爪切り、毛抜きで

 

自宅での除去方法の代表と言えば、爪切りやハサミで切ったり毛抜きでちみきり取る方法です。

力技で強引に除去しますので痛みや出血は免れないと思われます。

 

私も小さなイボはできやすいのっで毛抜きでつまんでみましたが、かなり痛かったので断念しました。

 

手っ取り早いのでやられる方もいますが、痛みと後程のケアを考えるとあまりあまり勧めできない方法かもしれません。

ドライアイス

 

ドライアイスやライターで焼いてみる方法もあるようですが、リスクも大きく痛みが伴う場合がありますし、取れても再発や後になって残るという危険性があります。

 

特に、自分でやる場合ピンポイントにイボの部分だけを焼けると良いですが、堅硬な組織まで一緒に焼く可能性もあります。

 

確かにお金もかからず、すぐに取り掛かれるという点はありますが、危険が大きいのでこちらもあまりおすすめすることはできません。

 

角質ケア

 

角質粒は一般的に紫外線の影響、肌の乾燥や潤い不足、加齢から肌のターンオーバーが遅れ古い角質が剥がれず肌に残ることで角質粒を作り出しています。

 

こうした肌は、肌代謝を正常にすることで角質を除去することができます。

 

 

肌代謝を高める角質ケアには、古い角質を取り除くことができるピーリングジェルや、角質粒に評判の良い化粧品で保湿することによって「知らない間に肌が滑らかになっていた」「引っかからなくなった」などの口コミも見られます。

 

こうした化粧品には、肌のターンオーバーを整え肌をなめらかにしてくれるハトムギエキスやアンズエキスをはじめ様々な美容成分が角質を整え肌の潤いを保ってくれます。

 

評判の良い角質ケア製品↓

老人性イボ(首イボ)におすすめのピーリングジェル♪角質粒、スキンタッグ、アクロコルドン、脂漏性角化症の角質ケアに
老人性イボの原因の一つになっている古い角質をを自分で取り除くのに手っ取り早いのがピーリングジェルです。 ピーリングを行うことで古い角質を落とし、肌のターンオーバーを正常化する効果が期待できます。 ターンオ...
老人性イボケアにおすすめの化粧品♪角質粒、スキンタッグ、アクロコルドン、脂漏性角化症に
「目立つ」「ひっかかる」「見られたくない」··· 首や胸元、目元や顔、手の甲にもできる、いまいましい老人性イボ(角質粒、アクロコルドン、スキンタッグ、脂漏性角化症など)のケアに最適な化粧品が欲しい・・・ ...

 

角質粒は肌老化が原因です。

 

首の角質粒も同じですのでどんな方法で除去してもまたできる可能性もあります。

 

取る予防どちらにしても角質ケアは欠かせませんので試してみて下さいね。

 

ちなにみに私の角質粒は角質ケア(スキンケア)で取れました。