角質粒とほくろの違い

ほくろ 角質粒

 

ほくろと角質粒はどう違うのでしょうか?

 

どうしてどちらもできてしまうのでしょうか?

ほくろ

 

ほくろは、専門用語で”色素性母斑”と呼ぶようにその実態はメラニン色素を持つ細胞が増殖してできる良性の皮膚病変です。

 

また、ほくろによく似た皮膚がんもあり注意が必要です。しかしほとんどは、何の問題もないもののようです。

 

しかし、足の裏のほくろは悪性種になる可能性が高いみたいです。

 

角質粒

 

角質粒というのは、いぼ状のものや粒上のものなど様々な形状のものがありそれを総称して角質粒というようです。

 

肌の色に近いものから褐色や黒色のものまであり、特に首の周りや顔、目元やデコルテにできやすい、別名老人性イボともいわれるようです。

 

その名の通り、加齢と主に肌の身体者が悪くなり角質が溜まって、古くなった角質が脂肪の塊となってできたものが角質粒です。

 

肌代謝が滞ると20代ー30代の比較的若い人でも角質粒ができてしまって悩んでいる人もいるよいうです。

 

角質粒はウイルス性のイボとは異なり、角質粒は角質層の硬化による良質の腫瘍の一種です。

 

角質粒は新陳代謝の衰え、角質が肌上にたまってそれがそうとなり固くなってできることが主な原因のようですがそのほかにも、外部刺激によってもできることがあるようです。

 

また、紫外線をたくさん浴びメラニンが排出され新陳代謝の良くない場所ではそのメラニンが残ってしまいそれがシミとなってしまいますが、皮膚が一部固くなってしまう光老化と呼ばれる現象が起きそれが角質粒となってしまうこともあるようです。